未来の住職塾

ネット上にバーチャル寺院『彼岸寺』なるものがある。超宗派の若手のお坊さん達が作り上げた今の時代を象徴するような、斬新なコンセプトで仏教の情報を発信し続けているお寺である。バーチャルという言葉は不適切かもしれない。存在するということはどういうことかを突き詰めて考えるなら、「実在はしない仮想の」という意味に当てはまらないからだ。なぜなら法規上、行政に登録してあるお寺はそれこそコンビニの数以上にあるが、お寺として機能しているかというなら、起きていないという意味で眠ったも同然のお寺が多い中で、ブッダの教えを伝えたいという熱い思いの伝わってくるお寺がこの彼岸寺だからだ。

その彼岸寺が仕掛けた『未来の住職塾』金沢校編を受講申し込みした。住職歴30年近い自分に未来はそう期待できないだろうが、お寺の未来ということを考えるならば「受講もあり」だなと考えた次第。

早朝サイクリングから帰って、お晨朝のお勤めのあといそいで朝食。福井駅で同じく受講申し込みのT寺の若院さんと合流、金沢へ。

この年になっても初めての体験にはそれなりに緊張する。何せ事前に送られたテキストの内容は、ドラッカーのマネージメントの話など、今まで自分には縁のなかった世界。

講師は 松本圭介 師。 プロジェクターを駆使しての講義はなかなか刺激的であった。在家から得度してお坊さんになり、MBA資格を印度の大学で取得したという変り種。

午後4時半までの講義。初回ということでこのあと会場近くの居酒屋で懇親会。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す