月別アーカイブ: 2012年8月

山翠苑追悼法要

例年、福井組では8月の最終日、市内老人ホーム山翠苑にて入所者の追悼法要・永代経法要を勤めている。もう40年近いご縁になるのではないかと思う。今年もその山翠苑の法要に出仕する。32ヶ寺の福井組所属寺院の内20数ヶ寺の参加があった。

以前までと今年の違いは、組長という立場上この追悼法要の導師を務めねばならないこと。特別難しい作法ではないのだが、やはり初めてのことで少しばかり緊張した。

法要を終えて、法話担当のご住職によろしくと挨拶、それぞれ三々五々引き上げてゆく。

夜、S源寺様にて、福井組の前期会計監査。会計担当のS源寺さん、お若いのに前副組長の仕事をきっちりと引き継いで領収書・帳簿に一点の瑕疵もなくすんなり承認。こんな仕事は逆立ちしても自分には努められない。皆さん、本当にご苦労様です。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

Moon River 本日をもって営業終了

昨日に引き続きMoon River のこと。

友人がFace  Book に書いていたことだが、今どきお客のオーダーを聞いてからマメを挽いて飲ませてくれる喫茶店(コーヒー豆販売店を除く)がどれだけあるだろうか、その意味でも貴重なまたおいしいコーヒーの店だった。

マスターは穏やかな人柄でジャズの知識をひけらかすこともなく、店に流れるジャズは50~60年代のものが多かった。

いよいよ今日が閉店。マスターに敬意を表して、ご覧のようなTシャツを着てコーヒーを飲みにいった。マスターにもプレゼントの一枚を携えて。

帰り際、お礼とねぎらいの言葉でお別れする。

店内にいた知己に頼んでシャッターを押してもらった。

IMG_1723

マスター、またどこかでお会いしましょう。有難うございました。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, ジャズ | コメントする

Moon River 明日閉店

福井の 老舗ジャズ喫茶  ムーンリバー  が三十余年の歴史に終止符を打って明日閉店を迎えます。寂しくなります。
本格的なコーヒーとジャスを楽しめる唯一のお店でした。
マスター、本当にご苦労様でした。そして有り難うございました。

IMG_1722

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, ジャズ | コメントする

一遍上人

表題の映画が作られていることは聞いていたが、この福井で上映されることは先日メトロ劇場のチラシで知った。今日がその封切の日である。新聞に監督が来福して舞台挨拶があるとの情報。今からでも間に合うではないかと自転車でメトロ劇場へ駆けつけた。

切符もぎり場で「監督挨拶があると新聞にありましたがもう終わりましたか?」と尋ねると「今からです、横におられるのか監督さんですよ」と教えてくれた。

早速厚かましくもツーショット。

IMG_1714DSC_4184

一遍上人は日本浄土教においても重要な役割を果たされた方。上映館が全国でも限られているようだし、その意味では福井に住む自分はラッキーなのだろう。

監督は秋原正俊 氏。ステージ挨拶があり、この映画を撮るにあたってのいろいろないきさつの紹介もあった。

で、肝心の映画の感想は?

正直言って期待ほどではなかった。主役のウド氏、精一杯シリアスに努めているのはわかるのだが、誠に失礼ながら学芸会の演技を見せられているようなシーンが少なからずあった。演出は少ない予算の中で?それなりに頑張っていたとは思われるのだが。

しかしながら、故淀川長治氏の言葉を借りて言えば、「どんな映画にも楽しめる点はあるのですから、そこを見つけ出してください」ということで、一遍上人その人となりに没入するように努めながら映画を観た。

同じ浄土教徒でも親鸞聖人の念仏観と一遍上人の違いなどについてはもう少し調べなおしてみよう。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, 映画 | コメントする

広報委員会

福井教区の活動の中、自分は広報委員会に所属している。主な活動内容は、教区報『アミタ』の編集・そして別院ホームページの刷新。

その広報委員会が午後別院で開かれた。出席メンバーは本日は6名。ホームページの刷新に関して、この千福寺のホームページを作成してくれたT慶寺の若院さんに特別に参加してもらい、彼のスキルを頼りにしたらいいという自分の提案が受け入れられて、先月から彼にも加わってもらうようになった。

先月のこの会合のあと早速彼は別院ホームページの概略をまとめてくれて仮のそれを作り上げてくれていた。それをメンバーで見せてもらい意見を出し合うかたちで今日の会合は進んだ。

おおむね彼のプレゼン?は好評であとは、流し込む情報そのものをこの委員会でどう確保?して行くかの問題。これが実は一番の難事。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする