K家葬儀

午前10時、市内葬儀会館にてK家の葬儀。消防団関係の焼香が多い。

同じく市内T慶寺様の報恩講が勤まっており本来なら午前中から出仕するところだが、葬儀の事情をお話してお許しをいただいてあった。午後2時からT慶寺様の法要に出仕。導師を仰せつかる。

朝晩はかなりしのぎやすくなったが、午後には気温も上がり、加えて七条袈裟を着けての導師役、それなりに汗をかいた。ゆっくりするまもなく帰山。

3時半からM家の納骨法要。法要後喪主様にお母様の最後のご様子をうかがう。最後までご自宅で介護しておられたが、23日容態が急変、悪化してしまわれたのだそうだ。

今年はK家はお父上の三回忌が来月に約束してあった。その日に合わせてお母様の満中陰法要を勤めたいのだが如何なものかと相談を受けた。確かに葬儀と法事と、お呼びする親戚は殆ど重なるし、満中陰を少しはやめて努められるのも止むを得ないでしょうと同意する。

ただ、忌明け法要は早めても49日までの七日参りは勤めて下さいませとお願いしたら、それは当然ですとの返事をいただいた。

水島家 (5)

夜、T慶寺様の報恩講に出仕。法要後少しばかりお酒を呼ばれて帰山。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す