未来の住職塾

昨年から受講している未来の住職塾の受講のため、同じ福井組から受講している若手のF氏の車に便乗させてもらい金沢へ。

今日のメインテーマは、講師の松本師が想定された都会と地方の2寺院をケーススタディとして、自分がその寺の住職(あるいは副住職)になったつもりでこのお寺をいかに将来的に運営してゆくかというもの。

うまくいえないが、この想定されたお寺というのが実によく練られた、実際こんなお寺のケースはいくらもあるだろうと思われるようなかなりリアリティをもったものだけに、受講生も真剣である。

講師がMBAの資格を取るために学んだ手法を取り入れている。

講義の実際では、二班に分かれて都会の寺、地方の寺どちらかを選んでグループで意見を出し合いながら集約していくという形を取る。実のあるケーススタディであった。

講義終了後、金沢会場での第二期の住職塾受講生のためのプレセミナーが開かれ、希望者は見学していてもいいことになっているのだが、夜、自坊の町内会の新年会に顔を出さなければならず、やむなく金沢を後にした。

町内会の新年会。町内のお付き合いを数年前まで坊守にすべて任せていたのだが、町内に門徒さんがないからこそ地域とのつながりを大切にすべきと考え直してせめて新年会などは自分が顔をだすことにした。

和やかなうちに新年会も終わり、一人でシライハウスへ。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す