本願寺ご門主、退任表明

本山「春の法要」の最終日(=ご満座)のあと、ご門主様からの重大な発表があるとすでに一般マスコミでも報道されていた。

ご門主のお口から直接お聞きしたく本山にお参りした。お勤め・ご親教(ご門主自らのなさる法話)のあと、一旦退出されてのち再度おでましになり、満堂の僧侶・ご門徒・報道陣を前に準備された原稿を読み上げられた。

来年6月5日をもって本願寺門主を退任し、新門様に継職されるとの発表であった。一つの時代が確かに終わったという想い。伝統仏教教団のおかれた状況はかなり厳しいものではあるが、 新しい始まりとして受け止め、お念仏を声を次代へお伝えする責務の重要さをあらためて心に刻むことであった。

IMG_2313[1]

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す