F家納骨

午前中、昨日葬儀を営まれたF家の納骨法要。法要後故人の発病から闘病中の思い出などをお聞かせいただく。

自分が彼を病院に見舞ったとき、彼の口から「住職さん、こうしてベッドで横になりながらいろんな事考えるんだけど、生意気いうようだけど人間は素直に善意に生きるのが一番だと思うんですよ」という言葉を聞かされたことなどあらためて思い起こしたことだった。

藤田家 (2)

喪主を務めた息子さんは、お酒の量販店のYプ〇ザ店の店長だとのこと。先日念仏奉仕団の準備で帰りに皆さんに提供する缶ビールとジュースをその店に買いに行ったことを話すと、にっこりして今後ともどうそごひいきにという挨拶が帰ってきた。

午後、京都からIさんご夫妻が来寺。毎年この時期にお揃いでお参り下さる。お勤めのあと、しばらく歓談。お二人お揃いの写真を撮ってプリントして差し上げたら、ことのほか喜ばれた。案外とこの年になると二人そろっての写真て少ないんですよと。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す