お説教とジャズの同窓会版

今年初め、鹿児島の母校の高校同窓会の幹事役の友人より、千福寺で行っている「お説教とジャズ」の同窓会版をやってくれないかと相談を受けていた。高校の近畿同窓会のテコ入れの第一弾として、講話と音楽を同窓会に組み込みたい、ついては大阪まで出てきてほしいとの依頼である。

同窓会の席で法話をすることに反対はないのかと訊ねてみたが、宗教の話もときには可だというので、それならこれも伝道の一環と友人のピアニストをお願いしてベースとともに大阪まで出向いた。

同窓会であるから、会計・事業報告などの総会が初めに当然あって、その後法話を聞いていただきさらにピアノとベースでジャズの演奏という次第。

会場は大阪城を眼下に超高層ビルの26回のレストラン。

幹事さんが自分の同年の同級生に強く進めてくれたこともあって、東京と鹿児島からそして自分のように福井から大阪に集まった。もちろん集まったメンバーの中ではダントツに昭和45年の卒業生が多かった。

IMG_2367[1] IMG_2368[1]

全体の同窓会がお開きになったあと、同学年の同窓会(二次会)をあらためて法善寺横丁で。K大学院の教授となった教育学の権威である友人のユーモアあふれる会話にみなおなかを抱えて笑い転げたものである。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, ジャズ パーマリンク

コメントを残す