通夜

夕刻、福井M家の通夜。近年には珍しい自宅での葬儀。広い座敷をフルに使っての通夜。ご遺族も町内・親戚の方の準備も大変だったろうとは思うが、こうして自宅で故人を見送るということが少なくなった時代だけに新鮮な思いでお勤めさせていただいた。在所の方のお参りも多く、お正信偈の唱和の声がありがたく響いた。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す