永代経法要準備2

近年、この永代経に参詣されるご門徒に喜んでもらえればと、ご門徒の前川さんが鉢に蓮の華を育てて下さっている。残念ながら今年は少し開花が早くて見ていただく時期をすぎてしまったようだが、一鉢だけつぼみをつけた鉢があるので、それと葉だけの鉢を向拝(ごはい=本堂の階段前)に対で置く。

IMG_2411[1]

本堂のお荘厳は法務員のY君と若院の活躍に頼る。雨の合間を見て中庭の草むしりなど。

横浜在住の木村さんから三十六歌仙の絵が届いた。木村さんは先年、佐竹本の三十六歌仙扇面画を完成され千福寺に寄贈して下さった方だが、今度は本願寺に伝わる三十六歌仙図を模写すべく85歳を過ぎられた今もこつこつと作品制作に取り組んでおられる。そのうちの3点をすでにお寺に寄贈して下さってあって今まで本堂に展示してきたが、今回お送りいただいた分と合わせて門徒会館の二階ロビーに展示させていただくことにした。

DSC_5280 DSC_5281 DSC_5282 DSC_5283 DSC_5284 DSC_5285 DSC_5286 DSC_5287 DSC_5288

いずれまた、作品展を開催させていただく日が来るだろう。その日を心待ちにしています。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す