公聴会

午後2時より別院で本山総局を迎えて公聴会が開催された。

公聴会とは広く関係者の意見を聞き、今後の方針に役立てる、あるいはすでに実施されたことに対する批判も含めて意見を聞き入れ修正の資とするものと自分は受け止めているのだが、正直言ってわが宗門の公聴会とは、単なるガス抜きのため、広くご意見を承りましたという実績のためにするものというような感がぬぐえない。開催にそれなりに経費もかかるだろうに、形式のための手続きのための公聴会なら無駄ではないかと思う。

ただ、わが教区の寺院数の数からいうなら公聴会出席者の数の少なさはあまりにも少なすぎるのも事実。本当に宗門の今後を憂うるなら、その危機感はこうした場で共有するべきだと思うのだが・・・・・。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す