枕経

夕食中に電話。ご門徒ではないがりんどうホールでの葬儀を勤めたいとのこと。よくよくお話をお聞きすると、故人はかつて寺の近くにお住まいだったOさん。残されたお身内はお電話を下さった妹さんと年老いたお母様。

枕経に伺い通夜葬儀のご相談になり、結局当寺が導師を勤めることになった。
故人は福井県の腎友会の会長を長年務めてこられた。障害を抱えたお体で、同じ障害を抱えるほかの方々のために尽力されてきた。   合掌

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す