O家葬儀そして納骨

午前10時半より、金津町の葬儀会館にてO家の葬儀。近年の傾向として通夜の参列は多くても、翌日の葬儀にはガタッと会葬者が少なくなるのが一般的だが、本日はお焼香の名前読み上げが60名を超えるという。

夕刻、O家の納骨法要。故人の思い出等を喪主様はじめ親戚の方々が語って下さった。

O家の皆様がお帰りになるころ、りんどうホールでは福井経済界の重鎮であられたK氏の通夜が勤まった。若院がお手次のご住職のお勤めの前に阿弥陀経をあげた。

りんどうホール横幅一杯の式壇は久しぶりである。

DSC_8291

夜K家の喪主様としばらくお話しする。喪主様も社会的地位のある方であるが、謙虚で腰の低い方である。ご尊父の療養生活のことや幅広い趣味の域を超えた、書・絵画・俳句に打ち込まれたご様子などをうかがった。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す