万燈会

午前中、自分はN家の7回忌を勤めた。施主さんはこんな暑いときに法事をお願いしてすみませんと恐縮されるが、お盆の家族が集まりやすいときに法事をお勤めになるのも意義深いことだと思う。

夕刻、福井市東山に近い東部メモリアルパークで万燈会を務める。始まるころから西の空が黒い雲に覆われ始め雷鳴がとどろく。

この東部地区から見ると、福井市の西の方は明らかに強烈な雨に襲われているだろうことが、こちらは何とかお天気は持ちこたえられそうだ。

墓前の読経のご依頼もあり、早めに墓地に控えて待つ。数件の読経のあと、六時半から墓地全体を見渡しながら盆法要を勤める。読経中参列の皆さんにもお焼香をしていただく。

石材会社の職員さんが毎年今年の漢字を選んで数百個の蝋燭で浮かび上がらせるのであるが、今年の字は「涼」。異常な盆前までの暑さがあったが故の選んだ字だろうと思う。

何とか終了の午後八時まで、この辺は雨にも降られず終えることができた。

DSC_3524DSC_3528DSC_3529DSC_3531DSC_3534

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す