Y家葬儀と納骨

満中陰法要と葬儀の時間が重なったので、若院と二手に分かれての法務。

午後、Y家の納骨。お参りに来られた親戚の方から、若院の読経の声をおほめいただいた。

声帯も筋肉である。老化に伴った身体の筋肉の衰えは、当然声帯にも表れるはず。若院の読経をおほめいただいたことを素直に喜ばせていただいたうえで、やはり自分の声の衰えを自覚させられる毎日であるがゆえに、遠からず住職交代を考えておくべきと思うこの頃である。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す