投稿者「senpuku」のアーカイブ

お盆廻り

お盆モードに突入。といっても九州のお寺のお盆廻りと違い、全部のご門徒さんを回るわけではない。

学生時代、山口県や九州のお寺のお盆のお手伝いをした経験がある。それこそ早朝から暗くなるまで、ほぼ休憩なしでご門徒さん宅のお参り。

考えてみれば、あの頃はお盆と言ってもこんなにまで暑くはなかった。こんな暑さだったらいくら若いと言え体がもたなかったと思う。

今日は今庄地区のお参り。若院と6時半に寺を出てお参り開始。

2・3日前から和らいだ暑さと小雨のおかげで暑さに苦しめられることなく、お昼にはお参りを終えることができた。

帰りに今庄駅前の、結構県内外に名前の売れたお蕎麦屋さんで今庄蕎麦を食し帰山。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

盂蘭盆会案内状

若院が結婚して3年。若坊守とアイデアを出しながら寺の行事の充実を目指す中で千福寺では勤めていなかった盂蘭盆会の法要を始めたのが2年前。

3年目の盂蘭盆会の法要案内をハガキに印刷して、新盆をお迎えになるご門徒へ発送。

文面も若坊守。本山から出ているイラスト集から選んで仕上げてくれた。

若院が法話します。クーラーの効いた本堂で、亡き人を偲びつつお盆の意義を味わってみませんか。

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

盂蘭盆会(うらぼんえ)のご案内

厳しい夏となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、千福寺では八月のお盆法要を勤めております。

千福寺盂蘭盆会をお勤めするにあたり、
ことに新盆に当たられるご家族の皆様には是非ご参拝
いただきたく左記のとおりご案内申し上げます。

先にお浄土に参られた方を偲びながら、お勤めのあとご法話をお聴聞下さい。

若いご家族が里帰りされている場合は、ぜひご一緒に、またお一人でも、ご先祖や大切な方への感謝の思いでお参りください。

日時  八月十五日(水)午前九時半より(一時間程度)

場所 千福寺本堂(Tel 0776-24-2362)

福井市松本4-8-7

image

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, 行事 | コメントする

千福寺一日子ども研修

昨年は、あいにく台風の襲来があり、一日子ども研修は直前に中止の決断をせざるを得ませんでした。

ご門徒さん、そのお友だち、法務員さんの強力な助っ人をいただいて今年は開催することができました。

ことにご門徒のMさんの「そうめん流し」の道具一式とその準備は昨日のうちに完了。

最終的に18名の子どもたちがあつまってくれました。

スタッフにはもと保母さん、幼稚園の先生の経験者もいらっしゃって、子どもの扱いは見事なもの。

定番のカレーライス・そうめん流し・西瓜割りのお楽しみのほかに、お勤め・仏前作法・仏様の話・念珠作りなど半日を充実して過ごしました。

DSC_3420-1

DSC_3409

DSC_3410

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, 行事 | コメントする

お寺の報恩講

いよいよお寺同士の報恩講の参りあい(出勤といいます)が始まりました。千福寺にとっての出勤のトップが隣寺 S寺様です。

S寺様は毎年、秋のお彼岸の中日が報恩講の中日(なかび)ということで勤められます。午前中に出勤。作法(さほう お勤めの内容)は無量寿経作法。

S寺様の始まる前に市内の報恩講を一件勤めました。S寺様が終わってからもう一件。

午後は昨日と同じく、若院にバトンタッチ。しばらく集中してベースの練習をしました。ライブが9日に迫っています。

よろしかったら聞きに来てください。(また宣伝)電話なり、メールでの予約、大歓迎です。

サトウタツヤ

そのあとなんですが、オークションで落札したままほっておいた、CDプレーヤーのリペアに取り掛かりました。うまくいけば2・3時間で修理完了となるはずでしたが、ちと厄介なことになりそうです。

夕食前に、マルツ電波で部品の調達。チャンネル表示のバックライトの麦球が切れています。さすがマルツ電波。ちゃんと麦球がありました。

ただし、修理作業は長引きそう。あせらずにじっくり取り組みましょう。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

96歳

午前中は報恩講廻りでした。
旦那さん96歳、奥様87歳。揃ってお元気です。
お勤めのあと、記念撮影。
高崎廣志 (1)

午後のお参りは若院にバトンを渡し、私は?
この格好で正体を隠して何か悪さをしようというのではありません。
境内の杏にまたアメリカシロヒトリらしき虫が発生したようなので、害虫駆除。
でも害虫なんて人間がこっちの都合でつけた誠に勝手なネーミングですね。
申し訳ないと思いつつ。
作業中にテナーの巨匠、武田氏がスバルで前を駆け抜けて、軽く右手を振ってくれたような、、…、!。

IMG_3859[1]

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする