寺便り『はらから』巻頭法話」カテゴリーアーカイブ

親鸞聖人750回 大遠忌法要に臨んで

御門主様は本山の法要がご満座を迎えた一月十六日「あらたな始まり」と題する御消息(お手紙)を発布された。
「本願念仏のご法義は、時代が変わり、社会が変わっても、変わることはありません。しかし、そのご法義が活きてはたらく場である現実の社会は、地域によって異なり、時とともに変わります。ご法義を伝え、広めるための宗門の組織も、社会の変化に応じて変わる必要があります。 ー中略―  一人ひとりが抱える課題を大切にし、お念仏を喜び心豊かに生きることのできる社会を目指しましょう。このたびの大遠忌法要が、新たな歩みを進める機縁となりますよう念願いたします。」と結ばれた。

 しばしばこの「はらから」でも書いてきた事だが、政治・経済・教育・医療・福祉すべての分野において日本はそして世界は大きな転換点に立たされていることは誰の目にも明らかなことである。そしてそれは今、日の出の勢いで経済的に世界を席捲せんとしている国にしても内に様々な問題を抱えているという点では同じであろう。

そして宗教もその埒外にはない。日本の宗教も大きな転換点に立たされているのである。宗教に対する不信を口にする人、逆にカルトと呼ばれる類のそれにのめりこんでゆく人。
 時代の混迷が深いということは、私たちは真によるべき拠り所を見失っているということに他なるまい。

 他の宗教のことはさておこう。悲観的な材料には事欠かないこの時代に、私たちの浄土真宗はこれからどうなっていくのだろうかと他人事のような口ぶりで傍観者でいてはなるまい。
時代がどうあろうと私たちは何を目指して生きるのかを語ろうではないか。御門主が御消息に述べられたように、一人ひとりが抱える課題を大切にし、お念仏を喜び心豊かに生きることのできる社会と人間関係の復興を目指ざそうではないか。

 思い起こせば、一九八〇年、門主継職にあたり、教書を発布されその中で
「念仏は、私たちがともに人間の苦悩を担い、困難な時代の諸問題に立ちむかおうとする時、いよいよその真実をあらわします。私はここに宗祖親鸞聖人の遺弟としての自覚のもとに、閉ざされた安泰に留まることなく、新しい時代に生きる念仏者として、力強く一歩をふみ出そうと決意するものであります」と高らかに内外に宣言された。今もこの教書のお言葉に震えるほどの感動を覚えるのは私一人ではあるまい。

 この法要を機にもう一度、お念仏を頂く身の原点に帰ろうではないか。私がそして時代がどう変わろうとも変わることなく私の苦悩をつつみ大悲してくださる働きを如来の真実と宗祖は仰がれた。

 その親鸞聖人七百五十回大遠忌法要を勤めるに当たり、宗祖聖人を慕う一念仏者として、時代の混迷を見据えつつ、おぼつかなくとも一歩一歩、ともに新たなる歩みを進めようと思う。
           住職

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, 寺便り『はらから』巻頭法話 | コメントする

親鸞聖人750回 大遠忌法要に参拝して(はらから 91号)

六月十二日・十三日の二日にわたって京都西本願寺の、《親鸞聖人七百五十回大遠忌法要》に千福寺ご門徒の皆様と総勢四十五名の団体で参拝した。

当日福井組からは四百名になんなんとする大所帯であった。言うまでもなく、五十年に一度の大法要であり御勝縁(このうえもなく意義ある法縁)に他ならない。

 

ご影堂は蓮如上人五百回忌法要終了直後から十年の歳月をかけて修復事業に着手し昨年四月完成をみた。

このご影堂に我が身を置き、親鸞聖人の御一生に思いを馳せ、ご往生後七百五十年の長きにわたり今日の私にまでお念仏の救いを伝えて下さった無数の先人の方々のご苦労を思う。

私が歩ませて頂くお念仏の道は親鸞聖人が歩まれた道であり先人の歩まれた道である。歩む者の能力や資質が問われるなら自分には全くその資格はない。

しかし九十年の生涯をかけて全ての人が等しく救われる道を示し自ら生き抜いて下さった親鸞聖人の辿られた道を七百五十年後の私も歩ませて頂いていることのかたじけなさを思う。

 

法要に出仕する沢山の僧侶・本願寺を支えて下さっている講社の代表・本願寺の重職の方々の縁儀(法要が始まる前、お堂の縁から行列で入堂する儀式) に続きこれまた多くの楽人の奏楽が広いご影堂に響き渡る。法要の気分はいやがおうにも高まりもうこれだけで目頭が熱くなる。この法要のために拡張されたご影堂を埋め尽くした全国から参拝されたお同行(四千人)の気持ちも同じであったろう。

 

法要はお正信偈を中心に構成された音楽法要であった。参拝されたご門徒の皆さんからもあのお勤めはとっても素晴らしいですねと賛同の声が聞かれた。

続いて、つい先日ご長男がお生まれになられたばかりの新門様そして御門主のご親教(直接参拝の皆さんに語りかけられること)があった。

お二人ともこのたびの東日本大震災と福島県の原発のことに触れられ、被災者の方々の悲しみ苦悩に寄り添う思いを持ちながらこの法要を勤めさせていただくという趣旨のお言葉を述べられた。

 

法要後、阿弥陀堂に移動して帰敬式。千福寺のご門徒から十七名の方が受式され法名を頂かれた。法要の感激醒めやらず、福井へ帰るバスの車中、あり難いご縁でしたねの声があちこちから聞かれた。

千福寺では九月にもう一回この大遠忌法要に参拝する。

なんといっても五十年に一度の尊いご縁である。修復なったご影堂で親鸞聖人のご真影に御礼申し上げたいものである。

是非とも参拝されることをお勧めする次第である。 住職

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, 寺便り『はらから』巻頭法話 | コメントする

愛別離苦(あいべつりく) お浄土があるということ(はらから90号)

この三月の彼岸期間中、東京築地本願寺の彼岸会に出講するご縁をいただいた。日曜日の夜(三月二十日)、講師部屋で大河ドラマを見ていた。まさに越前北の庄城落城の編である。お市の方と柴田勝家の悲話については福井の人なら皆さん知っている。三姉妹との別れの場面では泣けて仕方がなかった。テレビドラマなんぞでここまで泣いたことはかつてない。何故だ?と自問する。

お江が母のお市の方に「母上、私が死ねばまた母上とお会いできますか」と問う。母は静かに縦に首を振った。「ではその 日を楽しみに私は生きて参ります」とこの生木を割くような別離を引き受けるシーン。脚色家の筆になるものであるとはいえ、重く強くしかし温かく自分の胸を打った。

それにしても何故と再度自問する。その理由に思い至るのに時間はかからなかった。

ちょうどその日昼間に見た、被災後まもなく撮影された映像がその原因だった。小学生のお嬢さんが、「お母さんが流されたよう、お母さんが流されたよう、お母さ~ん、お母さ~ん」と潮の引いた海に向かって声をあげて泣いているシーンと落城する北の庄に向かい泣き叫ぶ三姉妹の姿がぴったりオーバーラップしたからだった。

歴史に刻まれ、人の記憶に語り継がれる悲話もあろう。しかしそうではない、そして圧倒的に大多数の別離の涙。このたびの東北、関東大震災で幾十万の別離の涙が流され続けている。その悲しみ苦悩に接する者もわが身のそして人間の無力感に打ちひしがれながら同じく涙する。当事者の張り裂けんばかりの悲しみのせめて何百分の一でも分かち合えたらとの思いからか。

ただやはりこの悲しみは他者にも伝えがたいものなのだろう。あなたのその悲しみはよくわかりますなどとは口が裂けても言えるものではない。

伝えがたいその悲しみを静かに覩見(とけん=じっと注視すること)された阿弥陀様の悲しみがお浄土となって実現された。

仏説無量寿経に、法蔵菩薩が師匠仏であられる世自在王仏から衆生の苦悩を救い遂げることの出来る仏になるために二百一十億といわれる諸仏国土・人天界、すなわち生きとし生けるものの世界をつぶさに見せていただかれたとある。お正信偈にはこの場面を《覩見諸仏浄土因》と示される。全てのいのちのありようをじっと注視されるその眼差しの中に、私達の全てが見抜かれている。私達の苦悩も悲しみも知り抜いていて下さる。

その苦悩と悲しみに、我は寄り添い遂げる仏となる、そして生きとし生けるものの真実の親となり、全てのいのちが倶(とも)に会うことの出来る世界を建立する、これが阿弥陀様の根本の願いであった。

悲しみのあまり吐く言葉も見つからず、またこの耐え難き別離の悲しみに後を追おうとまで思いつめる心をこの方だけは静かに受け止めて下さっている。

お浄土も阿弥陀様も人間の心にはすんなり受け入れ難いものである。しかしたとえ、今の世に受け入れられがたく、何をたわごとを!と退けられようと、私たちは阿弥陀様がいらっしゃいますよ、また会える世界があるんですよ、お浄土があってよかったですねと伝え続けねばならない。それが今お浄土の存在に救われた者の御恩報謝である。(住職)

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, 寺便り『はらから』巻頭法話 | コメントする

「私」のもの という執着(はらから89号)

九月の末、持病のようになってしまった感のある腰痛が再発した。福井弁で言ういわゆる「大腰=ぎっくり腰」である。風呂上りにズボンを履こうとして腰にギクッと痛みが走りそのまま動けなくなった。ほうほうのていで、整骨院にたどりつき治療してもらったものの痛みは治まらない。 帰宅してそのままベッドに倒れこんだ。寝返りも打てない状態で尾籠(びろう)な話で申し訳ないが、父が亡くなる前に使っていた尿瓶のご厄介になるはめになった(初めての体験)。トイレまでなんとか動けるようになった翌日、ようこそ処分せずに残しておいてよかったわねと家人に言われた。

 

意のままに動かぬわが体を抱えて、「私の体は自分のもの」というが、「私のもの」とは一体なにを指して言うのかと考え込んだ。

常識的にいうなら、私の体は他の誰のものではない、まさに私の体に他ならない。その意味でこの体は私の所有物であるはずである。しかし本当に私の所有物であるなら、完全に「私」の自由になるものでなければ私のものとはいえまい。私のコントロール下に置かれ、私の思いに完全に従えることができて私のものといえるはずである。ところが、腰痛は全く私の思いなど無視するがごとく、「私」を苦しめる。

 

仏教で説く、「仮我」(けが=本当は「我・私」という普遍の実体があるのではない、他と区別するために仮に我というにすぎない)の教えを思った。

 

思えば、私を中心にすべて「私の」という所有格をつけてものごとを説明し理解しているつもりでいるが、本当は私の所有物など何一つないではないか。私の妻、私の子供、私の体、私の・・・・。

 

思えば、私のいのちそのものが「私」の思いの届かぬところで営まれていたではないか。心臓の鼓動も肺の呼吸も「私」の思い、意識の全く届かぬところで「私」を生かし続けて今日まで働き続けてきてくれていた。

山陰の妙好人、源左さんは毎日の農作業を終えて手を洗いながら、その我が手を「ようこそ・ようこそ」と拝んでいたという。今日一日よく働いてくれたと思いであろう。

 

私の所有物という執着を離れることが出来ないのが如来様から凡夫と見抜かれた私の姿である。しかしその執着を離れることは出来なくても、離れられない自分であるということに気づくことは出来る。

生きてゆくうえで出来ることならこうした自分に不都合な痛みや困難は経験せずに済まされればそれにこしたことはないだろう。しかし品こそ違え不都合をさけて生きることなど出来まい。生きる覚語とはこうした不都合を引き受ける覚語と同義ではなかったか。

 

すなわち老・病・死に象徴される、「私」にとって望ましからぬものの中にも意味を見出せるなら、それを引き受ける覚語も出来るはず。もっと積極的にいうなら、死をも拝むことの出来る死生観が確立されるのだろう。そしてそれは自分自身に対する最大の責任でもある。うずく痛みの中でこんなことを考えるご縁をいただいた。

 

だからこの痛みをも拝むことが出来たかというと、やはり痛みは痛み。辛いものだった。そして紛れもなく自分は凡夫ということの再確認をさせてもらった腰痛体験である。 (住職)

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, 寺便り『はらから』巻頭法話 | コメントする

前住職の葬儀を終えて(はらから88号)

前住職 高務祐成(法名 浄秀院釋祐成)は、去る五月十四日、お浄土への往生を遂げました。「はらから」巻頭に、門徒総代 細野丈志様より葬儀委員長として述べていただいた弔辞の玉稿をそのまま掲載させていただきました。

前住職は連休中、呼吸に困難を感じている様子でしたので、連休明けにかかりつけのお医者さんの診断を仰ぎ、間質性肺炎の診断を受けそのまま入院。一時回復の兆しも少しは見えたのですが、加療の功なく八十三歳の生涯を終えました。前住職の事跡については細野様が仔細に述べて下さったとおりであります。

前住職の葬儀に際して、あらためてお寺とご門徒さんとの強い絆というものを感じさせていただきました。

婦人会の皆様は、掃除機等の掃除用具持参でお集まりになり、本堂、会館、庫裏のお掃除、窓ガラス拭きなどの大掃除。また台所では大勢の皆さんの食事の用意など通夜前日から葬儀当日まで本当に甲斐甲斐しく立ち働いて下さいました。

さらには男性女性を問わず皆様が手際よく仕事を分担して、弔問くださる方、出勤のお寺さん方等のご接待、通夜葬儀の帳場の係り、その他私ども寺族の至らないところなどカバーして下さり、お蔭様をもちまして通夜、葬儀、還骨と務め上げることが出来ました。

細野様の弔辞について、後で親戚のご住職から、あれは住職のあなたが書いたものを総代さんに読んでもらったものではないですかと誤解されるほど、寺族にとってもあり難いものでした。(一箇所日付の訂正をさせてもらっただけ)

住職はじめ寺族はご門徒様から同じお浄土へ参らせていただくのですねと言っていただけると同時に、ご門徒様の参られたお浄土へ私も参らせていただきますよという方がお一人でも育って下さることを励みに、寺に住まわせていただいていることをあらためて痛感したことです。

葬儀が終わった後も、前住職の還骨まで見届けるために多くのご門徒の方々が残ってくださいました。本堂で皆さんのお姿が目に入ったとき、こみ上げるものを抑えることが出来なくなりました。

前住職が皆さんと心を一つにして再建した本堂一杯に響き渡るお通夜のお正信偈、そして鹿児島からはるばる駆けつけてくれた加藤氏のご法話。ご法中方の丁寧なお勤め、出棺のときまで厳粛さが保たれた葬儀、ご縁の深い白井淳夫様のアルトサックスによる恩徳讃の演奏。すべて尊いお念仏のご縁でした。

宗教離れ寺離れが指摘されるようになって久しいです。お寺そして浄土真宗の置かれた現状と将来は決して楽観できるものではありません。しかし前住職の葬儀をご縁に確認させていただいたご門徒の皆様との絆をよりどころに、残された寺族一同今後皆様と共に、お念仏の教えを噛みしめながら歩み続けてまいる所存であります。

生前のご厚誼とご香典そして多大なるご尽力に衷心より御礼申し上げますとともに、今後とも千福寺と御法義繁盛に変わらぬお力添えをお願い申し上げ、前住職 浄秀院釋祐成の葬儀のご報告とさせていただきます。なお、満中陰法要は来る七月三日午後二時より勤修いたします。

午前中は例年通り永代経法要をつとめます。引き続き午後の満中陰法要へのご参詣をお待ち申し上げます。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, 寺便り『はらから』巻頭法話 | コメントする