寺便り『はらから』巻頭法話」カテゴリーアーカイブ

葬儀に想う(はらから83号)

 

近年の傾向として、街中のセレモニーホールではお通夜に参列しておられる方のお勤めの声が聞かれなくなった。無論、会場によっては、ホール一杯に響き渡るお正信偈を一緒に勤めさせていただくこともあるが、おしなべて声を出してお勤めしているのは、お寺さんだけという通夜が少なくない。
考えられる理由は、第一にお正信偈をお勤めできる人が少なくなったということだろうか。さらにお勤めができる方でも周りの人がお勤めされない中で自分ひとりが聖典を出してお勤めをすることを遠慮されているということもあるだろう。
蓮如上人が吉崎御坊に本願寺を構えられ、真宗門徒の日常勤行をお正信偈と定められて以来、五百年以上にわたってわれわれ真宗門徒は喜びにつけ悲しみにつけお正信偈の唱和のうちに、真宗門徒としての誇りと自覚を確認してきた。その伝統がわずかこの数十年の社会の変化の中で消えてしまうのではという危機感を感じさせられるのが、先述したようなお通夜の現況である。
そしてそれに輪をかけて残念に思うことがある。お勤めの最中にもおしゃべりをやめない人が本当に多くなったということ。
実は今までの通夜で何回か、お勤めを中断して注意したことさえあったがこんなことは十年前までは考えられなかったことである。門徒会館りんどうホールでの通夜には聖典をお配りして一緒にお勤めしてもらうようにしているのだが、それでも昨今の通夜はお勤めの最中のガヤガヤ、ペチャクチャが止まない。
先日のお通夜でこんなシーンすらあった。御文章拝読の段になって葬儀壇を横に向き直っての拝読の最中、視界に、足を組んだまま後ろの席の人とおしゃべりをやめない(しかもかなり大きな声で)人の姿が入ってきた。
お悔みに来たのか、知り合いのひととおしゃべりに来たのかといいたくなるような光景が最近の通夜では多すぎる。しかもそれがいい年をした中年以上の人の様態。(これは男女を問わず)
あらためて葬儀とは何だろうと考えずにはいられない。
故人はその方にしか生きられない生を生き、その方にしか引き受けられない死を引き受けてその人生を完結された。代わりのきかないいのちが掛け替えのないいのちという意味である。同様に死も代わりがきかない。ということは死も掛け替えがないということである。亡き人は無言ではあるが、その生と死の掛け替えのなさを自らの臨終を通して残された私たちに教えてくださってある。
このいのちの厳粛なる事実のうちに故人に対して、「本当にご苦労さまでした」と頭をたれ、気持ちの襟を正して参列するという姿勢を見失ったら、通夜、葬儀は何のために営むのかということになるのだろう。
その葬式を本来の厳粛な営みとするかどうかは、僧侶だけの努力で何とかなるものではない。参列される方の意識一つにかかっていることだけははっきりしている。 住職

カテゴリー: 寺便り『はらから』巻頭法話 | コメントする

悲しみに寄り添う(はらから82号)

東京は秋葉原で、無差別殺人事件が発生した。岩手・宮城では地震による被害が報じられている。報道に接する中で、前者のおぞましさ、また後者の痛ましさに、被害者とそのご家族の悲しみに思いをはせつつも、しかし厳然と、自分が自分の家族が被害者でなくてよかったという思いが心のどこかに潜んでいる自分にきづき愕然とする。
他者の痛みを、我が痛みと受け止めるとは、口でいうほど容易なことではない。いやそれどころか人間にとっては不可能なことなのだろう。
誰しも自己中心のモノの考え方は良くないこととは言う。しかし、本当に人間は自己中心を離れられるのか厳密に問うとき、残念ながら人は自分を中心にしてしかものを考えられないことに気づくだろう。
ものを考えるとは、言葉に拠り、アレかコレかと分別する(分けて区別して考える)ことである。しかしながら、この言葉が自分を中心に出来上がっていることに気づく人は少ない。
こことは自分がいるところを指し、私とはあなたではないここにいる私を指す。当たり前ではないかと言うかもしれないが、その自分を中心に構成された虚構の世界を見て、人間を世界を理解したつもりでいるのがこの私である。
そこでは、家族を失い涙に暮れる当事者としての悲しみは、どこまでも私の悲しみではなく、その人の悲しみでしかない。そこには他者の悲しみを共に我が事のように痛む心はおろか、自分が当事者でなくてよかったという、冷淡な思いさえ見え隠れする。いや見え隠れするというより、そこに居直ってさえしまいかねないような自分である。
同悲同苦(どうひ・どうく)という言葉がある。釈尊が到達されたお悟りとは、自他の分別を超えて、他者の痛み悲しみを我がこととして共感できる境地とお聞かせいただいた。
仏教徒とはその仏陀の境地をもっとも尊ぶべき世界と仰ぐがゆえに、そのお心に頭をたれてゆく人のことである。
そのお心を仰げば仰ぐほど、自己中心を離れられないこのわが身の限界が知らされる。またおぼろげながらではあってもそれを痛み慚愧する心も。
悲しみや苦悩に寄り添う心が仏様のお心なら、私が歩むこのお浄土への道は仏様へと私を育ててくださる道でもある。
苦悩と悲しみがある限りどこまでもどこまでもそれに寄り添い救い遂げようというはたらきそのものと成られた南無阿弥陀仏の仏様を慕い歩む道である。
己の人間なるが故の限界を見据えつつ、しかし仏様の同悲同苦のお心に聞き触れながら、そのお心に育てられながら、他者の悲しみに寄り添う道をおぼつかなくとも歩む人生を生きたいと思う。 住職

カテゴリー: 寺便り『はらから』巻頭法話 | コメントする

割れても末に あわんとぞ思う(はらから81号)

崇徳天皇の詠んだ歌の下の句である。
瀬をはやみ
岩にせかるる 滝川の
割れても末に
あわんとぞ思う
一般には、想いを寄せる相手を慕う、恋の歌だと言われている。
実は、自分がこの歌を知ったのは上方落語からであった。そしてその名も崇徳院という古典落語が、福井と大阪をロケ地として半年間、放映された朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」に挿入されていた。
落語の「崇徳院」の話の展開を書く紙面の余裕はないので略すが、人の世に生まれた限り誰しも逃れる事の出来ない苦悩の一つに別れというものがある。仏教ではこれを「愛別離苦」(あいべつりく=愛する者であっても必ず別れてゆかねばならない苦悩)という。
ところで、永久(とわ)の別れという言い方で人と人との別れを言い表す事がある。
永久(とわ)の別れとは、もう二度と決して逢う事が出来ない、いわば永遠の別離である。人間世界のご縁はまさに無尽である。その中には、「ではハイさようなら」とあっさり別れることのできる出会いもあったろう。しかしそうでない、深いご縁の結びつきもある。
しかし今生にいかにいとおしく不憫に思い思われた間柄でも、それこそ生木を割かれるように別れてゆかねばならない孤独の有様を無量寿経には
「人、世間愛欲のなかにありて、独り生れ独り死し、独り去り独り来る。行に当りて苦楽の地に至り趣く。身みづからこれを当くるに、代るものあることなし」
と説かれる。
本来、人は孤独な存在であった。その孤独をまともに見据えるとき、耐えがたいほどの不安と寂しさにうちのめされそうになる私たちに、お浄土があるのだよ、大切な人なればこそ必ず逢える世界があるのだよと呼びかけてくださる方がいてくださる。
人の世には様々な別れがある。しかし耐えがたい別離の私の悲しみに共感し、ともにその悲しみを悼んでくださる如来様のお慈悲が浄土となって結実し、私に届けられてあった。
また必ず逢える世界がある、またお会い出きるその日まで、このいのちを精一杯大切に生ききって、あなたに胸張ってお会い出きるまでのしばらくのお別れですね。
悲しみと寂しさに涙する中に、何にもまして支えとなり慰めとなりまた励ましとなってくださるお浄土が慕わしく仰がれる。

住職

カテゴリー: 寺便り『はらから』巻頭法話 | コメントする

親の願い(はらから80号)

2007/10/01

子供に対して、孫に対してその人生の健やかならんことを願わない親はないだろう。病に苦しみ悩み、経済的に苦労し、人間関係で神経をすり減らす人生を送って欲しいなどと願うはずもない。
しかし、自分の人生がそうであったように、子供の人生にも孫の人生にも必ずそうした苦悩と苦労はついてまわることはさけられまい。なぜなら一人一人が別人格であり、その人にしか生きられない命だからである。まさに「独生・独死・独去・独来=独り生れ独り死し、独り去り独り来る。~みづからこれをうくるに、代るものあることなし」。あるいは「独り来り独り去り、ひとりも随ふものなし」(いずれも仏説無量寿経の言葉)である。親といえども子供の人生に代わることは出来ない。
後に続くものに対してぎりぎりのところで親は何を願うのだろうか。
それは、たとえ苦悩の人生ではあっても、そのことで自分の人生をつまらないモノのように見なしたり、自暴自棄になり、自らのいのちを放棄することなく、逆境に立たされたとしても、その中から、涙を流しながらでもいい、溜め息つくこともあろう、しかしそのいのちを心豊かに全うして欲しいというものではなかろうか。
うまい世渡りをするために、不都合なことが自分の人生に起こりませんようにと神仏に祈る、すなわち自分の欲望・願望充足のために宗教があるという宗教理解が圧倒的に多いのが現実である。その中にあり、真実の宗教とは自己の欲望充足の手段、道具ではないと親鸞聖人はきっぱりと宣言された。
私以上に私の事を案じてくださってある方の願い、その心を素直に受け止めさせていただくとき、真実を持ち合わせていない自分に気づかされる。自分の欲望、煩悩に振り回され、その挙句が虚しくこのいのちを終わってゆかねばならなかったかもしれないいのちに、しかしぴったりと寄り添って下さる願いがあった。
自己の虚偽性、煩悩性に気づかされるとき、それに気づかしめて下さった働きそのものが同時に私を真実なる方向に向かわしめる働きでもある。私のいのちを虚しく終わらせてはならないという願いこそ真実の親の願いでもあろう。
繰り返す。宗教とは、自己の欲望充足の手段や道具ではない。
自分にかけられたその願いにうなづく事が出来たのも私の力量ゆえではなく、願いそのものの持つ力のお陰である。護られるとは、苦悩の中にあってその苦悩すら私の人生に意味を与える大切な縁であることに気づかされる智慧が恵まれることにほかならない。
その智慧を通して見る世界は、苦悩や悲しみに満ちた世界ではあっても、しかし大切な尊い、そしてありがたい世界である。 住職

カテゴリー: 寺便り『はらから』巻頭法話 | コメントする

電光朝露のいのち(はらから79号)

りんどうホ―ルが建って丁度十年になった。振り返ればもう十年かという思いを禁じえない。竹内まりやという歌手の「人生の扉」という新曲が出た。歌詞の一節に「信じられない速さで時は過ぎ去ると知ってしまったらどんな小さなことも覚えていたい」と五十路に入った彼女は歌う。
時は年とともに加速度的に早く過ぎるとは誰しもいうことだが、わが身をもってそれを感じ取れるまでにはそれ相応の時の流れを経験しなければならない。
何度も「はらから」で紹介した、平成二年、五十歳でその人生を終えられた富山の先輩住職のご子息の仲人をこの六月、勤めさせていただいた。当時高校生だった彼が今花嫁を迎える、その晴れがましい席に連なりながら、十七年前の葬儀のとき、涙と必死に格闘しながら喪主の挨拶をしていた彼の姿が思い起こされた。そしてご住職亡きあと、由緒あるお寺の法灯を絶やすことなく灯しつづけてこられた坊守様の十七年を思い、仲人の挨拶も途切れがちになってしまった。
先輩の口癖が「あえてよかった」であった。思えば、私が今こうしていのち賜り生かされてある事自身が、まさに稀なご縁の賜物以外のなにものでもない。そしてそれはすべてのいのち、すべての存在に共通する事実である。自らのいのちの不思議さに思いを致す事ができるようになったとき初めて、人は他者にもその眼差しを注ぐことの尊さを知る。
その眼差しの温かさを尊さを私達は阿弥陀様の大悲の智慧によって知らされた。自分の上に注がれつづけてあったその眼差しを知らされそれに気づくとき、同じ眼差しがすべてのいのちに注がれていたことを知る。
電光朝露(でんこうちょうろ)のいのちと仏教は説く。いなずまや、あさつゆのように人生ははかないという。人生は決して長くはない。しかしそれは決して単なる悲観論ではない。電光朝露のいのちであればこそ、その一瞬のきらめきにもにたいのちをいとおしむように大切に想いつづけていてくださる如来様のお慈悲を喜ばしていただこう。
同時に私はそのお慈悲を頂いたものとして相応しい生き方をしているだろうかという申し訳なさも思う。
「尊いいのち」とは言葉としては誰もが知っている。しかし他人どころか、肉親すらそして自らのいのちをも傷つける風潮に満ちた世相を思うとき、私自身は自分のいのちのかけがえのなさに出遇っているか、遠回りであっても一人一人がそれを問い、それに気づくところからしか道は開けないと思う。 住職

カテゴリー: 寺便り『はらから』巻頭法話 | コメントする