行事」カテゴリーアーカイブ

I家葬儀

午前9時半、鯖江にてI家の葬儀。カイロプラクティックの予約があったのだが、キャンセルの電話を入れるのを怠ってしまった。治療院にはご迷惑をかけてしまった。

葬儀から帰って、帰省中の2男・3男にフルに動いてもらって明日の「キッズサンガ」の設営など準備に取り掛かる。それにしてもきつい日差しだ。結局テントとそうめん流しの設営はI家の納骨が終わって少し涼しくなってからにということで、室内関係の準備、すなわち放送・映画鑑賞のセッティング。

午後2時、婦人会の役員さんを中心に続々と明日の準備に集まって下さる。

午後3時過ぎ、I家の納骨法要。とにかく本堂は暑い。法話も短めに置き納骨堂の納骨を終えたらクーラーの聞いた門徒会館に移動してもらう。故人のひ孫さんらもたくさんお参りで賑やかなこと。

DSC_0157

ヒイおじいちゃんとひ孫さん達の記念写真。

DSC_0160

I家の皆様をお送りして、着替えてからいよいよテント設営。

IMG_0796[1]

IMG_0797[1]

かなり汗をかく作業となった。これも息子達のヘルプあればこそ。婦人会の方々はそれぞれアイデアを出し合いながら最終役割分担。こちらも頼もしいスタッフ。

別院から「キッズサンガ」ののぼりのポールもかりてきて・・・。

そういえば昨年のキッズサンガの後片付けでこのポールを返却に行く途中自転車で転んで指にひびが入った、なんてことを思い出しながら上りも設営。

DSC_0164

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, 行事 | コメントする

悲喜こもごも

目一杯忙しい一日だった。

午前中、恒例の初参式・花祭り。4月8日に行うのが本来なのだが、お参り参加下さる方のことを考慮して千福寺では4月の第一日曜日に実施している。まことに申し訳ないことだが、3月があまりにいろんなことがありすぎて、寺報「はらから」の仕上がりが遅れたため、この行事のお知らせが間に合わなかった地区もあることをお詫びしておかなければならない。ただ、例年の行事なので予定して下さっておられたご家族は電話等で確認・申し込みして下さっておられたので、4家族のご参加をいただいた。

今年は日曜学校のお姉ちゃん達も遊びに来てくれていたのでより一層賑やかに勤めることが出来た。

DSC_1202

赤ちゃん一人一人を抱っこしての記念撮影。

嫌われたか怖がられたか、泣かれてしまった。

DSC_1198

皆さんをお見送りして市内○○ホールでY家葬儀。午前中の行事のこともあり、12時葬儀開式をご了解していただいた。葬儀を終えて急いで帰山。あわただしくお結びを口にして車に飛び乗る。あわら町J光様へ。組の仏教婦人会総会の講演に出講。お寺に飛び込んだとき本堂で丁度お勤めが始まるところだった。百数十名のご参加で本堂は満堂。4時までの法話を終えてまた急いで帰山。まもなくY家の皆さんが納骨法要にお参り下さった。

例によってお揃いの写真をお撮りする。

山崎家2

皆さんがお帰りになる前に、S家の皆さんが来寺。ご子息の一周忌。Sさんのお友達で日曜学校の卒業生Rちゃんも同行して一緒にお参りしてくれた。

本堂に花御堂が設置してあったので、子供さんとお母さんと一緒に甘茶をかけてもらった。これもご縁と彼女が嬉しそうに。

佐々木エストレリア1

このあと、会館で行われていた立会演説会に顔を出し、候補者の演説を聞く。彼なりの問題意識をもっていて、啓発されることも多かった。

それしても、本当に忙しい一日だった。悲喜こもごものご家族のご紹介となったブログである。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, 行事 | コメントする

迦陵頻伽法話コンサート

本日は法話楽団・迦陵頻伽の法話コンサート。午前中から横断幕・立て看板など別院に運び込む。午後2時、福井組のメンバーが集合し本堂会場の設営(椅子の移動・音響装置・D葬儀社からお借りした大型ファンヒーターの設置)など。

午後四時より迦陵頻伽のメンバーとキーボード担当の地元ミュージシャン瀬戸れい子さん、そして自分(ベース担当)で入念なリハーサル。迦陵頻伽のお二人もお坊さんであり、その意味では初めてお会いした気がしない。

リハーサルもスムーズに終わり、いよいよ開場。一番心配だったのが、参詣の方の数。そこそこの寒さにも関わらずほぼ本堂は満杯。D葬儀社さんにお借りした大型ファンヒーターの威力はすごい。寒いというお小言も頂かずにすんだ。千福寺のご門徒の顔もここかしこに見える。遠くは今庄からも。

IMG_0568[1]

迦陵頻伽リーダーの西脇氏の本当に包み込むような声の法話と歌声に開場も温かい雰囲気に包まれる。ギターの山背(やましろ)氏は大谷派のご住職。長いこと東京を中心にスタジオミュージシャンとして活躍してこられたというその実力は只者ではない。

本番前に山背氏とお話する機会があった。プロのスタジオミュージシャンとしての活躍のキャリアを知っている知人は、今の活動を物足りないだろうというが、(もっとバリバリとギターを弾ける場のほうがやりがいがあるだろうということ)そんなことは決してありませんと仰る。西脇氏のバックにまわり、二人して阿弥陀様のお慈悲をお伝えするお手伝いができる、聞いてくださる方の喜びが伝わってくる、本心から今の活動は充実している、ありがたいですと。そしてかつて絶対に坊さんになんかならない、住職にはならないと公言してはばからなかった自分が、こうして親鸞聖人の教えをお伝えすることに喜びを感じている、変れば変るものですねとも。

 

この企画は昨年から進めてきたものだが、このたびの東北・関東大震災のこともあり、自粛中止あるいは延期も検討したが、逆に被災し或いは亡くなられた方々の追悼の気持ちもあわせて復興支援の催しにしようということになった。

出演者の3人からもそれにお応えいただき相当の金額の義援金を頂戴した。ご協力下さった皆様に心から御礼申し上げる次第です。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, 行事 | コメントする

お説教と蕎麦会

法務員のY君が数日前からの大雪の中まめに駐車場の除雪をしてくれてあったおかげで、りんどうホールの駐車場も十数台は車がとめられる状態である。今までの雪の影響が心配され、どれくらいの方が参加下さるか心配だったが、始まってみれば例年におとらぬたくさんの方が足を運んで下さった。台所組を含めると50名以上かな?

お勤め・法話のあといよいよマジックショー。福井記述同好会の米沢さんはこの会の発会当初からご協力下さっている。そしてお友達の吉川さん。本格的なマジックショーを楽しみながらのこの千福寺の蕎麦会は何といっても千福寺が誇る蕎麦名人、前田さんがいてくださればこそ。台所組の活躍もあり、あとからあとから打ち立てのおろし蕎麦が本堂に運び込まれる。ちなみに住職は4杯食した。

今回の写真は、昨年秋に得度されたUさんのカメラによるもの。

IMG_5646IMG_5647IMG_5648IMG_5650IMG_5652IMG_5653IMG_5656IMG_5659IMG_5660IMG_5661IMG_5662IMG_5664IMG_5666IMG_5667IMG_5669IMG_5671IMG_5673IMG_5674IMG_5675IMG_5676

法務員Y君の手際よい活躍と皆さんのご協力もあり、あと片付けも手早く終了。皆さんご協力有難うございました。

午後2時過ぎ、愛知県からY家の皆さんのお参り。お父上の満中陰法要。東京からもお嬢さんがお子さんを連れてのご参詣。子供たちは境内の雪をみただけで興奮。スコップ遊びに余念がない。

皆様をお送りして、夕刻住職が所属する、福井組教学伝道部会の部会。

この3月29日に開催する「親鸞聖人750回忌記念 迦陵頻伽法話・コンサート」の細かい打ち合わせ。主な骨子はできているのだが、さらに細かいことの打ち合わせなど。

このブログをご覧の皆様。千福寺宛に葉書でお申し込み下されば、当日受付にて引き換えます。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, 行事 | 1件のコメント