お盆参りと報恩講

 

午後、二軒のご門徒さん宅の盆参り。ご門徒さんからのリクエストによる盆参りである。

基本的に福井では九州や山口県などと違い、期間中に全部のご門徒さん宅の盆参りするという習慣はない。

で、二軒とも併せて報恩講のお勤めていただいた。

以前は、報恩講のお勤めとその他の法事やお参りと一緒に努めるべきではないという考え方にどちらかというと賛同していたのだが、近年少し考え方を変えるようになった。

というのは、ご法事やその他の仏事の時には家族・親戚の方が参列されることが多い。福井で秋廻りとも呼ばれるほんこさんだが、お参りしてもほとんど若い家族が一緒にお参りされることはどんどん少なくなっている。

その点、ご法事などでは家族の方もお参りされているから、一緒にお勤めするチャンスではある。

今日もご家族に経本をお渡しして一緒にお正信偈のお勤めをしていただいた。U家では里帰りしておられた娘さんが、滋賀の嫁ぎ先でもお正信偈をお勤めするご縁がありますし、その地区の方はほとんどがお正信偈のお勤めを無本(そら)でなさいますという話をしてくれた。

報恩講の意義などが伝えがたくなっている現在、併修であろうと一人でも家族がお参りしておられる法要で報恩講のお勤めを勧めるのは意味あることだと私は考える。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, 行事 | コメントする

万燈会

午前中、自分はN家の7回忌を勤めた。施主さんはこんな暑いときに法事をお願いしてすみませんと恐縮されるが、お盆の家族が集まりやすいときに法事をお勤めになるのも意義深いことだと思う。

夕刻、福井市東山に近い東部メモリアルパークで万燈会を務める。始まるころから西の空が黒い雲に覆われ始め雷鳴がとどろく。

この東部地区から見ると、福井市の西の方は明らかに強烈な雨に襲われているだろうことが、こちらは何とかお天気は持ちこたえられそうだ。

墓前の読経のご依頼もあり、早めに墓地に控えて待つ。数件の読経のあと、六時半から墓地全体を見渡しながら盆法要を勤める。読経中参列の皆さんにもお焼香をしていただく。

石材会社の職員さんが毎年今年の漢字を選んで数百個の蝋燭で浮かび上がらせるのであるが、今年の字は「涼」。異常な盆前までの暑さがあったが故の選んだ字だろうと思う。

何とか終了の午後八時まで、この辺は雨にも降られず終えることができた。

DSC_3524DSC_3528DSC_3529DSC_3531DSC_3534

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

T地区盆参り

市内T地区の盆参り。まとまった盆参りとしてはT地区が最後。若院・法務員君と自分の3人でお参り開始。

蒸し暑さはあるものの、一週間前までの殺人的な暑さに比べればかなり楽だ。

今年のお寺の世話番さんがまめに廻る順番など連絡してくださってあったのでスムーズにお参りを終えることができた。

明日からは、個別の盆参りのリクエストや、東部メモリアルパークの万燈会、15日の寺での盂蘭盆会法要などが残っている。

今年も何とかお盆を乗り切れそうだ。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, 法務 | コメントする

盆参りと葬儀

市内B地区の盆参り。葬儀ができたので急遽ご門徒さんに早朝からのお参りにしてもらい若院と法務員君と3人でスタート。

昨夜の通夜は自分が勤めたので葬儀は若院が勤める。自分は盆参りが終わった後、同じ地区のI家の墓地納骨の読経。

その後もう一人の法務員君と合流してA家の3回忌法要。Aさんは現在連続研修の受講生として毎月別院で研修を受けておられる。

法事の後のお斎の挨拶で、そのことに少しふれられたので、参列の親戚の方からどんな研修を受けておられるのですかと私に質問があった。

冷えたビールをいただきたかったが、夕刻に葬儀を勤められたK家の納骨法要があるので、アルコールを辞退。

夕刻K家のご遺族の方が納骨法要に参られた。故人の娘さん夫妻は、法要後そのまま車で四国に帰られるとのこと。くれぐれもお気をつけてとお見送りした。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

幼稚園理事会

午前中、O幼稚園の理事会出席。自分は理事ではなく監事の役で出席。

幼稚園は国の政策で認定こども園への移行が進行中である。

園長は古くからの知り合いで、移行に伴う事務上の煩瑣な手続きで以前から大変な思いをしてきていることを知っている。

そんなこともあり、監事就任の依頼があった時も引き受けたのだが、今日の理事会のこども園移行に関する園舎の増改築に伴う経済的なことどもを含め園長の苦労が思われた。

議案とうり承認され理事会は無事終了。

ところで、こども園移行に必要な設備・部屋の拡充拡張の図面の説明で「ほふく室」なる部屋が増設されるとの説明があった。素朴な疑問で「ほふく室」とはいかなる部屋かを質問した。

園長の明快な答えは、「ほふく前進」の「ほふく」です。つまり「はい・はい (這い這い)」赤ちゃんの部屋だそうだ。帰ってググって調べたら「匍匐 ほふく」と書くんだそうな。

夜、越前市でK家の通夜。越前市に二か所あるD葬儀社の会場を間違えて到着。慌ててもう一方の会場へ飛んで移動。

お勤めの後の法話。先日の子ども一日研修の時の子どもたちへの法話の大人バージョン。ご遺族がうなずきながら聞いてくださっていた(ように思う)。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする